2009年05月18日

『AHCC』の抗ウイルス作用を確認

『AHCC』免疫賦活で抗ウイルス作用

平成21年2月28日(土)
「健康産業流通新聞」掲載の記事より引用

北海道札幌市の株式会社アミノアップ化学が開発製造する担子菌の菌糸体を大型タンクで長期培養して得られる抽出物『AHCC』は、通常のキノコの成分中には存在しないアセチル化されたαグルカンなどの特有な有用成分を含有しています。

このアセチル化されたαグルカンは、担子菌の培養中に産生される成分で、分子量約5,000の低分子構造となっています。

低分子構造の為、体内に吸収されやすく、体内では他のキノコ系健康食品等に含まれているβグルカンと同様に免疫細胞の活性化に働くとの事です。

このため、AHCCは、インフルエンザなどのウイルスや肺炎桿菌やカンジダなどに対して、免疫調節のより働きかける事が期待されます。

その作用は、関西医科大学の健常人(21人)を対象とした、二重盲検プラセボ対象試験によれば、循環血液中の総樹状細胞(総DC)数と、特異免疫に関与するDC1の機能を増加させる事から、示唆されています。

また、最近の研究では、血液中の「西ナイル脳炎ウイルス」の量を減らし、同ウイルス感染による致死率を低下させる事が確認されたそうです。

アメリカでは、インフルエンザ対策のひとつとして、「AHCC」がテレビや雑誌等で大きく紹介されているそうです。

平成21年2月28日(土)
「健康産業流通新聞」掲載の記事より引用
【関連する記事】
posted by カム at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119751656

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。