2010年01月13日

リフレクソロジーとは

『リフレクソロジー(Reflexology)』は、足裏を刺激する療法で、『反射療法』とも呼ばれています。

足の裏は、末梢神経が集中しており、体の様々な器官や臓器につながっています。
また足裏は、歩くことで刺激され、その刺激がポンプとしてすることによって、血液が心臓に戻されることから、“第二の心臓”とも呼ばれています。

『リフレクソロジー(Reflexology)』は、こうした足裏の紅葉を利用した反射療法で、19世紀初頭、米国の医師ウィリアム・フィッツジェラルド (William H. Fitzgerald) 博士(1872年 - 1942年)や、米国の理学療法士、ユーニス・イングハム (Eunice D. Ingham) 女史(1899年 - 1974年)らによって、体系化されました。

『リフレクソロジー(Reflexology)』の期待される効果としては、反射区を刺激することによって、身体の器官や臓器の機能改善、疲労回復、また血行が促進されるため、体内に蓄積した老廃物の排出(デトックス効果)が考えられます。

現在、『リフレクソロジー(Reflexology)』は、欧米では終末期を迎えた患者さんの苦痛を緩和する療法として、多くの医療機関で採用されています。

日本では、『英国式リフレクソロジー(Reflexology)』と、『台湾式リフレクソロジー(Reflexology)』が有名でうすが、どちらも米国で体系化された療法がベースとなっており、それぞれ独自の施術方式が確立されています。

足の裏に関する療法は、古くから世界各地に存在する為、厳密に発祥地の特定は難しいですが、『リフレクソロジー(Reflexology)』が英国にも紹介され、療法が学べる訓練校が開設される等を経て、英国式として、スイス人宣教師が台湾を訪問した際に現地で広め、後にアジア各国で普及したのが台湾式として普及したいわれています。

英国式と台湾式の共通点は、足裏の各部位が身体のどの器官や臓器に対応しているか示した“フットチャート(足裏反射区図)”に基づいて施術されている事です。

英国式と台湾式では、施術時の刺激の強さが違います。
英国式は、施術者が指の腹で足裏を撫でるように刺激しますが、台湾式は、強い刺激を与えるために、痛みを伴うことがあります。

マッサージ中の痛さが気持ち良いのなら『台湾式リフレクソロジー(Reflexology)』、リラックスする為にマッサージを受けるなら、『英国式リフレクソロジー(Reflexology)』が良いと思われます。
【関連する記事】
posted by カム at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138193319

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。